みずほ銀行カードローンの在籍確認って避けられないの?

みずほ銀行カードローンにも他のカードローンのように申込者の会社へ在籍の確認の電話が掛かってくるという在籍確認が必須になっています。

 

クレジットカードの申し込みでもそうですが返済源となる給与がしっかり支払われているかどうかを確認するうえでは外せない作業となっていますのでこれはみずほ銀行カードローンでは避けることは出来ません

 

電話でみずほ銀行カードローンを名乗らなくてもこういう電話ってなんとなく分かるものです。ましてや会社の電話口付近での仕事ならなおさら電話取りにくいですよね。

 

でもプロミスなら在籍確認の電話を別の方法で確認してもらう相談ができるのです。

 

 

『えっ?プロミスって金利たかいじゃん・・・』


と思う方もおられるかもしれませんがそんな事はありません。プロミスには初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があるので10万円を借りて三ヶ月で返済する例をとってみると、

- プロミス みずほ銀行カードローン
1ヶ月目利息(返済4万円) なし(初回30日無利息サービス およそ1,150円
2ヶ月目利息(返済3万円) およそ878円 およそ691円
3ヶ月目利息(返済3万円) およそ439円 およそ346円
利息合計 およそ1,317円 およそ2,187円

※スマホでご覧の際は横にスライドして表を見てください。

 

と小額の借り入れではプロミスの方が利息は低くなります。

 

 

  • 審査スピードも早い
  • 審査能力が高い
  • 振込対応口座が多数ある
  • オンライン契約完了後に自動契約機があるのでそちらで即日カード発行可能

こういったメリットも多数あるのでみずほ銀行カードローンで在籍確認を避けたいと言う方はプロミスで解決です。

みずほ銀行カードローンの在籍確認の電話に困ったらプロミスに相談

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

みずほ銀行カードローンが在籍確認の電話を行っている理由

みずほ銀行ではカードローン商品の取り扱っており、エグゼクティブプランが登場してからキャッシングも銀行の中では金利面でも優良なカードローンになっています。

 

このみずほ銀行カードローンも審査段階での在籍確認は必ず行われています。その方法はほとんどの銀行や消費者金融で行われる在籍確認の方法と同じく勤務先への直接電話連絡にて行われます。

 

消費者金融業者の中には給与明細などを提出することでその勤務先に在籍していることの証明とできるところも少なからずありますが、みずほ銀行では書類提出は原則として在籍確認の方法とはしていないようです。その理由のひとつに、

 

 

みずほ銀行では「審査のスピードアップ」をテーマとしているという点が考えられます。


最近では消費者金融の多くが即日融資に対応していることから、銀行系カードローンであるみずほ銀行カードローンでも同様のスピーディーな融資を行うことで競合他社に対応していく、といった動きがあります。

 

スピード審査を行うためにはできるだけ効率的な手続きを行うことが必須となりますので、書類確認よりも勤務先に電話をかけてその人がいるかいないか直接確認した方が早いということですね。もうひとつの理由としては、みずほ銀行カードローンでは融資の審査は

 

 

みずほ銀行が直接行うのではなく保証会社であるオリコが担当しています。


融資を申し込む人によっては、できれば在籍確認の電話はしてほしくないといった要望を持った人もいるかもしれませんが、みずほ銀行ではなくオリコが審査を担当する関係からこうした要望への対応が難しいのが現状です。

 

もちろん審査を担当するオリコは、みずほ銀行以外にも様々な業者や銀行の審査を保証していますので、その手続きや内容には問題はありません。

 

また、在籍確認の電話といってもいきなり「オリコ」や「みずほ銀行」といった名前でかけてくるわけではなく、個人名でかけてきますので、勤務先にカードローンを利用していることがばれる心配はないでしょう。

 

みずほ銀行から在籍確認の電話がかかってくるといえば抵抗を感じるかもしれませんが、あまり心配せずに軽い気持ちで臨むことが大切です。

みずほ銀行カードローンの審査はやはり厳しい?

みずほ銀行カードローンの審査を検証

みずほ銀行カードローンは新しい金利設定になりました。(2016年現在)ここのところアコムや三菱東京UFJ銀行、更に少しさかのぼってモビットやMR.カードローンなども

 

 

限度額を上げて最低金利を低くして金利の見栄えを良くする改定に走っています。


ここでみずほ銀行カードローンの新しいプランと金利、最高限度額などを見てみましょう。

銀行カードローンの新しいプラン
カードローン 金利 借入可能額
みずほ銀行カードローン 年2.0%〜14.0% 最大800万円
みずほ銀行カードローンの金利の内訳
極度額 基準金利 引き下げ適用後の金利※
10万円以上100万円未満 年14.0% 年13.5%
100万円以上200万円未満 年12.0% 年11.5%
200万円以上300万円未満 年9.0% 年8.5%
300万円以上400万円未満 年7.0% 年6.5%
400万円以上500万円未満 年6.0% 年5.5%
500万円以上600万円未満 年5.0% 年4.5%
600万円以上800万円未満 年4.5% 年4.0%
800万円 年2.0% 年1.5%

※1 住宅ローン(*2)のご利用でみずほ銀行カードローンの基準金利から金利を年0.5%引き下げます。
※2 みずほ銀行カードローンの利用店で住宅ローンをご利用いただいている場合に限ります。

 

通常カードローンでもっとも需要のある借入額は50万円以下です。その借入額でのみずほ銀行カードローンのこの場合の金利は年14.0%ですからそれ程低い水準と言う訳ではありません。

50万円の借入枠が審査でおりて15万円を元金5万円ずつ3ヶ月で完済した時の利息で比較する
- みずほ銀行カードローン プロミス モビット 三井住友銀行カードローン
1ヶ月目の利息 およそ1,726円 0円(初回30日無利息サービス利用時) およそ2,219円 およそ1,788円
2ヶ月目の利息 およそ1,151円 およそ1,463円 およそ1,479円 およそ1,192円
3ヶ月目の利息 およそ575円 およそ732円 およそ740円 およそ596円
利息合計 およそ3,452円 およそ2,195円 およそ4,438円 およそ3,575円

この場合の利息は同じメガバンクの三井住友銀行カードローンより117円ほど安いだけ、プロミスと比較すると1,257円も高くなっています。いかに金利表記に囚われてはいけないかお分かりでしょう。

金利表記に惑わされるな!利息が少なくて済むプロミス

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

最短即日利用可能の罠

みずほ銀行カードローンは最短即日利用可能です。みずほ銀行カードローンの即日融資は即日振込のサービスはないので方法はひとつ、

 

 

ATMでのキャッシングしかありません。その為にはみずほ銀行の口座を持っている必要があります


要するにみずほ銀行の口座を持っていなければ即日融資は不可能なのです。自動契約機もないので即日カード発行できず、カードの郵送は1週間ほどかかってしまいます。

 

みずほ銀行の口座を持っていたとしても最低でも昼ごろまでには申込んでおかないと契約が完了しない可能性も出てきます。

今すぐ小額を借りたいならみずほ銀行カードローンよりも・・・

みずほ銀行カードローンはスペックから見ると銀行のカードローンとしては金利の低い部類にあたります。ということはメリットがあるようにも思えますが、それだけ審査が厳しいということが言えます。

 

金利が低いということは銀行の利益が少ないということなので、少しの貸し倒れリスクも排除して優良顧客だけを集めたいという意思の表れでもあるのです。

 

それほど金利も変わらず、スピード審査・融資の消費者金融のカードローンの方がメリットはたくさんあります。

  • 低額借入帯の金利がそれほど変わらず、利息金額にすれば数百円以内のレベル。
  • 初回30日無利息サービスがあるカードローン(プロミス)もあるので金利事体がみずほ銀行カードローンより低くなることもある。
  • 即日融資の可能性が高い。

ネットでカードローンを探している方にとっては即日融資を受けたいという需要は圧倒的に多く、それに答えてくれるのは審査スピードが早く、カード発行機を持つ消費者金融のカードローンです。

 

利息もそれほど変わらないのであれば間違いなくプロミスを選ぶ方が正解ですよね。

みずほ銀行カードローンの審査

みずほ銀行カードローンは多彩な申込方法

大手都市銀行の一つであるみずほ銀行展開するカードローンは、店頭での申込以外にもインターネットなどでもカードローンの受付を行っており、多彩な申込方法が特徴です。

 

みずほ銀行カードローンの金利は2017年9月現在で、年2.0%〜14.0%となっており、住宅ローンの利用などでカードローンの金利が優遇されるサービスも用意されています。

 

カードローンの金利は利用額によって異なり、最低の4.0%金利が適用されるのは800万円以上1,000万円以下の利用の場合となり、カードローンの利用額ごとに細かい金利規定が設けられています。

 

みずほ銀行カードローンの保証会社は株式会社オリエントコーポレーション

なお、みずほ銀行カードローンの利用にあたっては、当然ながら審査を受ける必要があります。審査は、みずほ銀行及びみずほ銀行の指定する

 

 

保証会社である「株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)」が行う


というシステムになっており、その審査結果によっては希望額の借り入れができなかったり、あるいはカードローンの利用そのものができないといったケースもあります。

 

また、審査の申込にはみずほ銀行の規定する書類を提出する必要があり、運転免許証などの、身分証明書の他、収入証明書がそれにあたります。

みずほ銀行カードローンに限らず収入証明書は不要表示は非表示に

今まで収入証明不要の表示がカードローンのCMなどで見られていましたが、

 

 

現在この表記をすることは金融庁に『簡単に借りれると誘導している』ときつく指摘されており、全ての銀行で自主的にこの表記は取り下げられています。


みずほ銀行カードローンの審査は申込から翌日以降になります。これはどの銀行カードローンも2018年1月から警察庁の反社会勢力のデータベースと最終的に照合しなければならなくなる為、申込より翌日以降に照合が行われるので審査から融資までの時間の差はほとんどなくなるといっていいでしょう。

 

 

たとえばインターネットから申込しても、FAXや郵送などで申込をしても、結局は翌日以降に警察庁の反社会勢力のデータベースとの照合が行われるのでネットならではのスピード感も失われてしまいます。

 

ちなみに、カードローンの利用にはみずほ銀行の口座が必要となります。口座を持っていない場合は審査完了後に口座を開設する必要がありますが、既にみずほ銀行に口座を持っている場合は、より審査もスムーズに行われる傾向があるようです。

みずほ銀行カードローンのWEB完結は他のカードローンに比べて便利なのか?

銀行のカードローンといえば、どうしても審査に通りにくい、あるいは申し込みが難しいといったイメージがありませんか?

 

確かにこうしたイメージを抱いてしまうことには無理もないのですが、みずほ銀行のカードローンは編集部でも少しとっつきにくいなぁという印象があります。消費者金融ではなく銀行のカードローンを利用するメリットのひとつは、

 

 

優れた安心感と信頼性にあるのですが、近年では消費者金融の貸付残高を大きく超えて貸し付けているのでその安心感も失われています。


みずほ銀行カードローンのメリットとしては、

 

 

  • 最大で800万円まで利用可能
  • 適用される金利も年2.0%〜14.0%という低金利設定である

という点のふたつの特徴があります。いずれも消費者金融業者と比べた場合には、少し低金利な設定なのですが、即日融資や無利息サービスなどのサービス面においては消費者金融に分があります。

 

みずほ銀行カードローンでは『WEB完結申し込み』が可能となっていますが、みずほ銀行の口座が必要などやはり大手消費者金融の『WEB完結申し込み』よりはどうしても見劣りしてしまいます。。『WEB完結』とは、インターネットだけで融資の申し込みから契約、そして融資の実行までが行われるというものです。

 

銀行のカードローンへの申し込みが難しい、審査に通りにくいと感じる理由の多くは、やはり「来店しての相談」という事があるからです。

 

 

カードローンの利用においては、特にその使用目的が限定されているわけではありませんので、敢えて銀行の支店窓口まで足を運ぶ必要はないのではないか、と多くの人が考えています。今時窓口でと言うのは地方銀行でも余り見かけない対応なので、みずほ銀行カードローンでもこうした多くの人のニーズに対応する形でWEB完結を導入することにより、これまで難しいと思われがちだった銀行カードローンへの利用申し込みをシンプルなものへと進化させました。

 

消費者金融と並行してお金を借りる先を探しているというのであれば、金利面んであればみずほ銀行カードローンも候補に入れておいてもいいでしょう。

総量規制対象外のキャッシングとは?

2010年6月に改正貸金業法が完全施行された際に総量規制が導入されて、年収の3分の1を超える借入が制度的に制限されることとなりました。これは多額の借入を抱えて多重債務者に陥ることを防ぐという目的のために設けられた制度です。実際に総量規制の導入後は自分の返済能力を超える無理な借入をする人が少なくなり、

 

 

多重債務や自己破産者などの減少される効果があるという点では大きなメリットだといえます。


ただ以前は消費者金融は総量規制対象外のキャッシングとして比較的借入しやすく多くの人が自由に利用できましたが、消総量規制の導入後は申込者の審査基準を制度に合わせて従来よりもかなり厳正に審査するようになりなした。

 

借入できる金額も利用者の年収に合わせて制限されて、高額の借入が難しくなりました。総量規制の導入以前よりも借入難くなった上に融資額も少なくなり、以前よりも利便性が低下したというデメリットもあります。

 

現在のみずほ銀行カードローンの審査から融資は非常に遅く在籍確認も会社にバレそう

現在みずほ銀行カードローンの審査は、金融庁から暴力団データ照会を審査に組み込まなければならなくなった為、その日に終わる可能性はなくなりました。

 

ただでさえ遅めの審査でしたが、平日の朝に申込んでも翌日の昼以降まで審査が掛かってしまい、土日を挟むと最大4日ほど審査完了まで時間が掛かってしまいます。

 

この長い審査が終わっても、みずほ銀行の口座を持っていなければ更に時間は掛かってしまいます

 

 

みずほ銀行カードローンの申し込みにはみずほ銀行の口座が必要なので、持っていない場合はまず審査をして結果が可であれば、みずほ銀行口座開設から始める事になります。


この口座開設がまた二週間ほど掛かるので、申込んでからとんでもない日数が掛かってしまいます。通帳が発行されると郵送され、そこから銀行印を捺印してみずほ銀行に返送しなければなりません。

 

 

返送してからカード発行まで更に1週間以上掛かってしまいます。このカードが郵送されるまでにみずほ銀行カードローンの在籍確認が会社に掛かってきます。

 

 

しかも前触れなく掛かってきますし、みずほ銀行の名前で掛かってきますので、会社の方にはかなりの確率でローンを組んだことがバレてしまいます。


これだけカード発行までに日数が掛かってしまっては、小額借入では待ってられません。お金が必要な時を逃がしてしまい兼ねませんので、みずほ銀行カードローンに申込む際には注意が必要です。

 

みずほ銀行カードローンの申込を検討した方の体験談

大学生じぶんにみずほ銀行カードローンに申込みましたが審査に通りませんでした

 

私は、地元の地方の高校を卒業して、東京の専門学校に進学しました。おやも中野で、一人暮らしを初めてしだしました。昼間の学校が終わると、喫茶店のウエイトレスのアルバイトが日課でした。当時、時給で900円くらいだったと思います。

 

一ヶ月の収入は、10万円前後でした。当時、私の住んでいたアパートは、六畳一間のトイレつき、風呂なしの部屋でした。家賃は、38,000円でした。そこから、電気、ガス、水道、電話代、などで、一万円前後。あとは、食費、銭湯代に、なっていきました。

 

専門学校の授業料などのお金は親が出してくれましたが、あとは、全部自分持ちでした。食事は、基本自炊でした。昼食は、弁当箱にふりかけのみを日替わりにもっていくなどの工夫をしていました。夜のアルバイトの時に出る、まかない料理を栄養補給としていました。

 

生活費が仕送りとアルバイトでは足りなかったので、みずほ銀行カードローンに申込みましたが審査に通らず、アコムに申込みました。何とか小額の借り入れは出来たのですが、一生懸命返済しました。

 

そのころの金銭感覚のおかげで、社会人になっても、ほどほどに、使いすぎない人間になりました。お金の大事さをその時代のアルバイトから学びました。


銀行の低金利ローンを利用できるなら脱毛したい

 

半年前から脱毛サロンに通っています。脱毛サロンに通う前は、サロン通いをなかなか踏み切れないでいました。というのも、そもそも脱毛サロンは行ったことがないのでどこを選んでいいのか分からなかったからです。

 

それに、脱毛というとどうしても痛いというイメージが先行してしまって通うなんてとんでもないと思っていたのです。痛みを我慢してまで、長期間通うなんて絶対に無理!と思っていました。

 

そんな私に友人が紹介してくれたのが人気脱毛サロンのミュゼです。友人曰く、ミュゼは無料カウンセリングがあるのでカウンセリングだけでも受けてみて不安を解消してみたらどうか?とのことでした。それに、ミュゼの場合はリーズナブルなのでお試し的に通いやすいとのこと。

 

友人のアドバイスを受けて、無料カウンセリング後にワキ脱毛のみ試してみました。我慢できないほどの痛みだったら、脱毛はワキだけにして他の箇所は諦めようと思ったのです。が、実際に施術してもらったところカウンセリング時に言われていたように痛みはそれほどでもありません。

 

今はワキ以外にも、背中やVラインの脱毛に通っています。今後、全身脱毛をしたくなったら低金利なみずほ銀行カードローンに申込んでOKなら全身も御願いしたいと思っています。


結婚後夫に内緒でキャッシングした友人

 

看護学校時代の友人と、先日久しぶりにランチをしました。私は看護学校を卒業してからは、そのまま付属の大学病院に就職しています。が、彼女は婚約者が大阪にいたので関西の病院に就職しました。友人に会うのは、卒業式以来なのでとても話が弾みました。

 

もちろん、直接会うことはなくてもメールなどで色々とやりとりをしていたのでおおよその近況は知っていたのですが。今回彼女が上京した理由は、結婚相手のご主人の実家が都内なのでやっぱり都内の病院で看護師をしたいということで転職活動をしに来たのでした。最終的には彼女の勤務先は、都内ではなく神奈川県になりましたが横浜の病院なので私の勤務先とも近くなりました。

 

彼女曰く都内の看護師求人も探したようですが、物価が少しでも安い神奈川に住むことを視野に入れて看護師求人を神奈川県内でも探していたようです。

 

彼女にとっては結婚生活も順風満帆のようですが、最近夫に内緒でキャッシングしたそうです。みずほ銀行カードローンも検討しましたが、すぐ借りたかったのでプロミスにしたそうです。そんな彼女ですが私としては再び一緒に頑張ることができて嬉しい気持ちもあります。


土日にみずほ銀行カードローンで融資を受けれないのでプロミスにしました

 

何のCMだろう?と思って、テレビを見たらとある消費者金融のCMでした。最近、消費者金融のCMってオシャレになりましたよね。以前では考えられないような人気俳優やキレイな女優さんが出演しているので、てっきりお菓子や住宅関連のCMかと思ってしまうほどです。

 

先日見たプロミスのCMも、谷原章介や勝地涼が出ていました。新しいドラマが始まるシーズンだったので、てっきり新ドラマのCMかと思ったほど凝った内容のCMでした。

 

こんなにもオシャレな消費者金融のCMだったら、お金を借りるのも抵抗がなくなりそうですよね。実際、私の周囲でも給料日前などは消費者金融でお金を借りるという人は結構いるようですし。私の場合は借りたいときが土日でしたので、みずほ銀行カードローンで融資をその日に受けるのは難しかったのでプロミスにしました。

 

一昔前は男性が利用するイメージで女性にとっては近づきがたい場所でしたが、今では女性も利用しやすくなっているみたいですね。パソコンやスマホで申込が出来て手軽に利用できるようですから、私も困った時は最終手段として利用してみようと思っています。


みずほ銀行カードローンの在籍確認に関する参考リンク

楽天銀行スーパーローン在籍確認全国銀行協会アコム在籍確認ゆうちょ銀行カードローン在籍確認