みずほ銀行カードローン在籍確認

パートで収入を得ている人でもみずほ銀行カードローンに申し込めるのか?

 

みずほ銀行カードローンはパートで安定収入があれば申込める?

パートで収入を得ている人というのは、現在日本で働いている人のおよそ3分の1前後といわれています。

 

その背景には、たとえば配偶者の収入が少ないとか、あるいはその働き方でしか収入を得ることができないなど様々な事情があるかもしれませんが、そういった事情を考慮してか、最近では消費者金融やみずほ銀行カードローンなどの銀行カードローンではパートでも融資を受けることができるようになっています。

 

パートで収入を得ている人がこうしたカードローン業者を利用してお金を借りるためには、たとえば毎月安定した収入があること等多くのハードルがあるものの、基本的には特に大きな問題もなくカードローンで借入を受けることはできます。

 

 

ここで問題となるのが、パートの人がどれぐらいの収入を得ているのかという点です。


 

カードローン業者を利用してお金の借入を受けた場合には、当然ながらその分を返済しなければなりませんが、収入の金額によってはその返済が難しくなることは言うまでもありません。

 

その点を見越して、銀行などのカードローンの場合にはパートで収入を得ている人の場合には融資可能な金額については一定の制限が設けられている場合があります。

 

少額の融資であれば、カードローンの際に給与明細などの収入証明が必要ないという点は銀行も消費者金融も同じですが、どちらかといえば銀行のほうが審査面において厳しい傾向にあるようです。

 

もうひとつの注意点は、パートの人がその職場で働くようになってからの勤続期間です。

 

基本的にはパートで働いていればカードローン業者を利用して借入を受けること自体はできますが、そのうえで重要となるのが「安定した収入」という点です。

 

カードローンというものは、言葉を換えればお金を借りることなので、業者と借りる側とで一定の信用が成立していなければなりません。

 

しかし、申し込み段階ではカードローン業者がに信用できる部分が少ないので、勤続期間などで信用できるかどうかを判断することになります。

 

まだその職場で働くようになって日が浅い場合には、パートで一定の収入があっても利用ができないケースも考えられますので注意しましょう。

パート主婦のみずほ銀行カードローン申込体験談

パート主婦には辛い部分でもあるのかなと感じる

 

パート主婦をはじめてからすごく思った事があります。それは、自分の時間がほとんどないと言う事です。一人でお出かけなんてする事もほとんどないですから、お出かけをしたいなと思ったりもしてしまいます。

 

美容室に出かけるのでも、パートと主婦の仕事でやはり半年ぐらいは行けないような感じです。子供がいるとちょっとしたお出かけの時間も気になってしまうのです。だから、本当にたまにしか美容室だって行けないような状態になってしまいます。なので、もちろん遊びに行くなんて事もできませんしお金もありません。

 

これでも主人よりは低い地位で辛い部分でもあるのかなと感じてしまいますが、いっそのこと夫に内緒でカードローンでもつくろうかしらと考えています。パート主婦をした頃は最初はうれしかったりもしたのですが、やはり子供ができたりするとよりパートと主婦の兼業の大変さを感じるようになったのです。

 

家事をするのでも大変なものなのですが、そこに育児が増えるともう家事もきちんとできなくなってしまいます。お金を稼ぐのも大切ですが、心のケアも大切なので、パートを続ける上ではカードローンでお金を借りて、パーッと買い物でもして気分一転して仕事をしたいと思います。

 

その際には少ないパート収入でも継続収入があるので、しっかり審査してくれるプロミスに申込みました。


page top