みずほ銀行カードローン在籍確認

どうして保証人や担保が必要ないのか?

 

保証人や担保取らない分利息を取る

通常カードローンを利用してお金を借りる時には、保証人や担保は必要ありません。カードローンを利用する人の中には、誰にもバレずにお金を借りたいというケースが大半ですから、これは利用者側にとっては魅力的な点です。

 

しかし、保証人や担保無しでお金を貸すというのは業者にとっては、返済が滞った時の事を考えるとリスクがあるのも事実です。

 

 

そのためカードローンでは万が一の時のために、他のローンよりも金利を高く設定しているのです。他のローンとは例えば、

 

 

  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • マイホームローン

 

などです。これらのローンは、お金の用途がはっきりとしており、また融資額もそれなりの金額になるため、フリー目的で融資を受けられるカードローンよりも金利は低くなっています。

金利の高さが保証人や担保を必要としない理由のひとつ

 

つまり、金利の高さが保証人や担保を必要としない理由のひとつと言えるのです

 

またカードローンでも銀行系の場合は、自分で保証人や担保を準備する必要はないものの、代わりに保証会社をつけるケースがあります。これはカードローンの契約者が返済をしない場合、契約者に代わって保証会社が銀行への返済を肩代わりするというものです。

カードローンで保証人や担保がいらないのは理由がある

ただしこれで返済の義務がなくなったという訳ではなく、債権が保証会社に移行し以後の取り立ては保証会社が行うようになります。

 

 

つまりカードローンで保証人や担保がいらないのには、ちゃんとした理由があるのです。


 

また保証人や担保がいらないからといって、返済の義務かま無くなる訳ではありません。カードローンでも他のローンでも返済に対する責任の重さは変わらないという事を忘れてはいけません。

page top