みずほ銀行カードローン在籍確認

カードローン利用時の本人確認書類の意味

 

普通免許証は最高の本人確認書

普通免許証が主に使われる本人確認書類。カードローンを組む際に必要になるこれには、様々な効果があるのです。まずは、本人確認書類を用意出来たという事実そのもの。

 

 

免許や保険の所有を示す事で金を貸してよい人間としての最低限のラインに辿り着いているという証明となるのです。


 

それから個人の特定とそこから得られる過去の借入れ履歴を得る事。カードローンを組む際に一部の企業を除いては本人確認書類を必要とする、それはつまりその書類を元にして全国のカードローン企業が借りに来た人物の過去を検索できるシステムがあるという事です。

本人確認者はその方の信用情報を引き出すのにも必要

 

本人確認書類の名前と住所をデータと照合し、借りに来たのは初めてか否か、他の場所で借りているか否か、借りていた場合その返済は順調なのかを数分で知る事ができるのです。

 

 

本人確認書類を提出した後に「申し訳ありませんが、お客様の条件ではカードを発行する事ができません」と断られる場合は、書類から照合したデータによって他所からの借入れが溜まっている事が分かったからという場合もあるでしょう。


 

それから、本人確認書類の基本的な効果として『本人を確認する』というものを忘れてはいけません。他人の免許証等を使ってなりすましたり、偽造免許証で存在しない人物になって現金を騙し取る犯罪が多数存在しますが、ローン会社が情報を共有する事で事免許証に書かれた人物と契約した本人が別人物である事に早期に気付き犯罪を防ぐ効果に期待できるのです。

page top