みずほ銀行カードローン在籍確認

返済に遅延しそうになった時のベストな行動

 

速やかに借入先に連絡しておく事が重要

銀行や消費者金融のカードローンは、当たり前の事ですが指定返済日までに借入金に借りた日数分の利息を加えて必ず返済するのが鉄則です。

 

 

ただ、何かしらの事情で思わぬ出費が発生し、手持ちの現状の金額では返済指定日に完済できない可能性がある場合は、速やかに借入先の会社のカスタマーセンターに一言連絡を入れて、直接対処法の指導を仰ぐのが一番賢明な方法です。


 

中には、返済日をうっかり忘れていて口座への入金が間に合わなかったというケースも多くあるので、その時も迅速な融資先への連絡相談を怠らないようにしなければなりません。

 

返済日よりだいぶ前に完済できない事が分かっている場合は、融資先の公式サイトの会員専用ページに返済日の変更というメニューが設定されている事もあるので、そこから早めに手続きするという事もできます。

督促状が届くくらい放置してしまうと信用情報に良くない

 

もし返済遅延した場合は、通常返済金が支払われるまでキャッシング利用が出来なくなり、借入先の会社から、支払いが未確認という旨の通知を兼ねて入金を促すお願いの封書が自宅に送付されます。

 

 

この時点で何かしら対処しないで長期間延滞していると、個人信用情報機関に債務事故として記録される可能性もあるので、直ちに返済金を払い込むか、融資先の会社に必ず相談するのが肝心です。


 

そして返済の遅延が1度でもあった場合、融資先の規定に基づいて遅延損害金が借りた日数分だけ上乗せされて債務元本と利息の他に負担額が増えてしまう結果になり、逆に通常の暮らしが苦しくなる事も考えられるので、くれぐれも無謀な借入はしないように日頃から戒めておきましょう。

借金返済の債務整理にはいくつかの種類がある

 

借金の債務整理には任意整理・個人再生・自己破産などいくつかの種類があります。一番よくご利用されているのが任意整理です。

 

 

任意整理では利息制限法に基づいて引き直し計算を行い、借金返済分で過去に払い過ぎていた利息分を取り戻します。


 

そのうえで将来利息のカットや無理のない分割返済を債権者に応じて貰えるよう交渉します。裁判所を通さないので周囲の人や家族に知られたくない場合にも適しています。

 

個人再生や自己破産と違って特定の債権者を選んで任意整理することが可能です。連帯保証人に迷惑をかけたくない場合やマイカーを失いたくない場合はその債権者を外して任意整理します。

 

 

その代わりに安定した収入が無いと利用できないことがある、債権者によっては任意整理に応じてくれない事があるなどのデメリットがあります。


page top