みずほ銀行カードローン在籍確認

カードローンを借りる際の心構え

 

カードローンはうまく使えばすごく助かる存在になる

カードローンは、いざというときにお世話になるものです。借金というと、日本人にはネガティブな感情がつきまといますが、よくよく考えれば、決してそんなことはありません。

 

お金を返せないことが問題なのであって、お金を借りることが問題なわけは全くありません。

 

 

お金を借りたら返せば全く問題ないし、きちんと返せるようであれば罪悪感を覚える必要は全くないのです。


何の為にお金を借りるのかが重要

 

さて、カードローンを借りる際、一番重要なことは、「何の為にお金を借りるのか」と言う事ですね。「日々の生活費」のために借りるようでは、いずれ破綻してしまいます。生活費が足りないのであれば、収入を増やすか、支出を削る以外の方法はないので、借りる前によく考えておいた方が良いです。

 

 

後の返済の目処が立っている場合の前借的な借入が、安心して借りれる用件と言えます。


 

返済の目処は立っていないが一か八か借りてみようというのでは、後の返済に困りいろいろなものを手放す羽目になりますので注意してください。

資産に当たるものであればカードローンを積極的に使うべき!?

では、カードローンを使うときは、どんなときかというと、

 

 

  • 「急に病気になった」とか突発的な事態
  • 「家電や自転車など、どうしても必要だが、頻繁に買うものではないもの」

 

が上げられます。つまり、資産に当たるものであれば、カードローンを、積極的に使うべきなのです。

 

無理なく返済していきながら信用を増していく

あと、これは意外に思うかも知れませんが、カードローンを借りるためには、普段から少しずつ借りて、無理なく返す事が大事です。

 

 

つまり、借金において一番大事なのは「信用」なのです。


 

そして、借金における信用とは「この人はきちんと返済できる人」だと思わせることなのです。つまり、余裕の時に少しずつ借りて、返す事で実績を作れば、いざというときに返しやすくなると言うことです。

page top